測量機器を知る

測量をしなくてはならないケースとは

Written on   By   in 未分類

土地売買の前には必ず測量しよう

不動産の売買時に測量が必要となるのは、隣接する土地との境界線を明確にし、土地面積を明らかにするためです。
特に一戸建ては土地の面積で売却金額が大きく異なるため、きちんとした測量を売買前にしておいたほうが良いでしょう。特に坪単価が高い都心部では測量は必須です。
もし坪単価が50万円の土地を有していた場合、1坪の誤差があれば50万円もの違いが生じます。
坪単価の高い土地は測量をしていないと、売るほうにしても買うほうにしてもリスクが高くなりますので、売買前に測量をしっかり行っておくようにしましょう。
もし測量を行わないまま売買契約を行ってしまった場合、後になって土地面積が契約した内容より大きかったことが分かっても、買主に対して差異分の金額を請求することはできません。
また、その逆のことが起きることも考えられます。土地を売った後に売買契約内容より土地面積が小さいことが分かった場合、買主からクレームが入ることもあるでしょう。
場合によっては裁判にまで発展することもありますので、せっかく土地を売却できたとしてもさらに裁判費用がかかり、相場よりも売却費用が下がってしまうこともあります。
測量をせずに売買契約を行うと、後からいろいろな問題が起きることもありますので、必ず測量を行ってから売買を行うようにしましょう。

境界杭が破損したときも測量が必要

確定測量図があれば土地売買が行えますが、図面があっても測量を行わなくてはならないケースもあります。
境界にフェンスや堀を設けてない場合、確定測量後に境界が変わっていることもありますので、再度測量が必要です。
境界杭を打っていても、何らかの事情で破損している場合も再度測量しなくてはなりません。境界杭は視覚的に土地の範囲を教えてくれる重要なものなので、破損した場合は測量しなおし、再度打ち直すようにしましょう。

測量が必要になったときは山陽測器へ相談を

土地売買などで測量を相談される測量会社も多いですが、状況ごとに測量機器をそろえていると高額なコストがかかってしまいます。
また、測量は最新の機器を利用するのが理想的ですが、常に新しい測量機器を用意できる会社も少ないのではないでしょうか。
山陽測器は測量機器を専門と扱う会社で、測量機器や測定機器の販売を行っています。また、測量機器のレンタルや中古販売なども行っているため、必要なときに必要な分だけ山陽測器よりレンタルすることも可能です。
最新のシステムを利用して測量を行いたい場合は、一度山陽測器に相談してみてはいかがでしょう。