測量機器を知る

測量機器を購入する

Written on   By   in 未分類

広島にある山陽測器

家を建てたり、道路を作ったり、橋を架けたりといった土地に対して何かをする場合、測量が必要になります。測量をするためには、測量機器が必要になります。道路工事の際に、大きな三脚に機械を乗せて作業員がのぞき込むような作業をしているのを見たことがある人は少なくないのではないでしょうか。その作業が測量という作業にあたり、使用している機械が測量機器ということになります。
測量機器は専門に扱う店舗で販売されています。ホームセンターなどでも扱っていますが、品数はあまり多くありません。大手の通信販売サイトでも購入することはできますが、実際の商品を見ることができない、いろいろと相談することが難しいといった点もあります。広島に本社を構える山陽測器といったような測量機器を専門に扱っている会社であれば、品ぞろえも豊富で、機器に対しての詳細な問い合わせなども可能になります。また、新製品や、定番商品など、よほどレアな商品でない限りは取り扱いがあるようです。

購入後の管理も可能

測量機器は測量では必要になりますが、その使用頻度によっては必要となる場面は少なくなってしまいます。そういった場合、機器の管理が大変ということになります。保管場所も必要ですし、いざ使う場合を考えるとメンテナンスも必要になるのではないでしょうか。いざ使おうとなったときに、機器がしっかりと動作してくれなければ、購入した意味もなくなってしまうことになります。
山陽測器では、販売を行っているだけでなく、販売後の委託管理も行っています。測量機器をある程度所有している場合、測量機器を専門に扱っている業者で管理してもらうのはかなり有効な管理方法となりそうです。機器の修理はもちろんですが、調整をしっかりと行ってくれるので、測量時には何もすることなく、使うだけで済むということになりそうです。

販売だけでなくレンタルも行っている

測量の頻度が少なければ、わざわざ測量機器を購入するというのは、経費の無駄になってしまうこともあります。こういった場合は、レンタルで機器を使用するのがよさそうです。山陽測器では測量機器のレンタルも行っています。さまざまな機器のレンタルを行っているというわけではなく、測量機器に特化しているということもあり、管理状態はかなりよいのではないでしょうか。
また、扱っている商品数も多いので、利用した機器もいろいろな商品の中から選ぶことができそうです。例えば、トータルステーションの場合、複数のメーカー、また、メーカーごとに多くの型番の製品を扱っているので、コストや機能でレンタル機器を選ぶことができそうです。

測量機器を扱う企業

Written on   By   in 未分類

測量の仕事とは

測量というのは、地表の一部分において、その位置や形、また、面積などを精密に測定する作業となっています。ですから、測量は土地に対して何かをする場合に必要となる仕事です。一般には、家などの建物を建てるときによく測量が行われます。また、道路を作ったり、橋を架けたりといった場合も同様です。作業員が、三脚に乗せた機器をのぞき込むようにして何かを測っているのですが、それが測量です。
もちろん、地図を作ったりといった場合にも行われます。距離や高低差などをきちんと測ることで図面にすることができるのです。測量を行わなければ、建物や道路、橋といった建築物の設計を行うことができないのです。
測量に関しては、道具も進化してきていて、現在ではドローンやGPSなども利用され、かなり大掛かりな測量も簡単に行うことができるようになってきているようです。

測量機器を扱っている山陽測器

一般にはあまり利用することのない測量機器ですが、業務的に必要となる仕事も多くあります。特に建築関連の仕事では測量というのは重要になってきます。測量機器に関しては、さまざまなメーカーから機器が販売されていますが、それらの機器を専門的に扱っているのが、広島に本社をおく山陽測器なのです。
本社が広島にあり、他には、山口、大阪、東京に営業所があるので、営業エリアは西日本だけではなく、全国的なものと言えそうです。取り扱っている測量機器もメーカー、種類とかなり多く、西日本では最大級の品揃えとなっているようです。

山陽測器の詳細情報

山陽測器の業務内容

山陽測器の基本となる業務としては、測量関連の商品の販売となります。販売した商品の修理や校正というのも行っているようです。新品の販売だけでなく、中古品の販売もおこなっているのですが、認定検査員による点検・調整が行われているため、品質に関しては問題ないといえるのではないでしょうか。もちろん、新品と同じというわけにはいきませんが、3カ月の保証がついているようです。委託管理も行っているようですので、購入した測量機器を保管してくれたり、点検・調整なども行ってくれるようです。管理を任せてしまえるので、使用する際には、万全の状態で機器を使用することができそうです。
また、レンタルも行っているので、頻繁に測量が必要でないという場合に、レンタルして利用することもできそうです。レンタルは測量関連の機器だけでなく、オフィス用品のレンタルも行っているようです。
他にもICT技術を活用した取り組みで、i-Constructionというのを導入から実施までサポートしているようです。西日本が中心となるのですが、多くの導入実績があり、経験も豊富なため、満足できる業務支援が受けられるようです。

測量機器のレンタル

Written on   By   in 未分類

レンタルなら必要な時だけ使用できる

測量をする必要がある場合、測量機器を持っていなければ、購入することも考えなければなりません。しかし、測量を専門に行っているような会社でなければ、測量の頻度も低く、機器の購入にコストをかけてしまうのは、あまり得策であるとはいえないですよね。そうした場合、測量機器のレンタルが便利です。
レンタルであれば、レンタルを行っている企業にもよりますが、1日単位で必要な日数だけ借りることができます。無駄な費用もかかりませんし、機器の保管や管理も必要なくなるため、かなり経済的な方法ということになります。

品揃えの豊富な山陽測器

広島県広島市西区に本社を構える山陽測器は、測量機器や測定機器の販売を行っています。さらには、測量機器や測定機器のレンタルも行っているのですが、その品揃えの多さが特徴となっています。西日本では最大クラスの品揃えのようです。さらに、測量や測定関連だけでなく、複合機や電子黒板といったオフィスで使用する製品のレンタルも行っているようです。測量機器・計測システムの技術商社として、技術の提供を考えているということですから、どんな機器を使用するかといった相談も最適となる機器を紹介してくれるのではないでしょうか。
また、レンタル機器として取り扱っている製品が多いということは、測定や測量に関する製品であれば、ほとんどのものがレンタル可能となっているといえるかもしれません。品揃えが多いため、同様の製品でも種類が多く、比較検討をしながらレンタルする製品を選ぶことができるのではないでしょうか。

営業エリアは全国

本社は広島にある山陽測器ですが、山口県周南市、大阪府茨木市、東京都港区にも営業所があるため、西日本が中心となっていますが、東日本でも営業を行っているようです。単なる製品の販売会社、レンタル会社というだけでなく、測量機器に関しては、杭ナビ等はそれほど種類は多くないようですが、トータルステーション等は、型番違いでさまざまなモデルが用意されているようです。測定機に関しては、環境測定器、非破壊測定器、水質測定器など、さまざまな測定器を取り揃えているようです。カテゴリーだけでなく、キーワードでも検索可能となっているので、目的の製品は探しやすいようです。
山陽測器の商品紹介ページでは、それぞれの機器の特徴が簡単に紹介してあるのですが、カタログや取扱説明書が表示可能になっているので、必要な機器を探しやすいだけでなく、比較がしやすくもなっているようです。比較するだけであれば、カタログが便利ですし、細かい使い勝手等を確認したいのであれば、取扱説明書を確認するのが便利ということになりそうです。

測量をしなくてはならないケースとは

Written on   By   in 未分類

土地売買の前には必ず測量しよう

不動産の売買時に測量が必要となるのは、隣接する土地との境界線を明確にし、土地面積を明らかにするためです。
特に一戸建ては土地の面積で売却金額が大きく異なるため、きちんとした測量を売買前にしておいたほうが良いでしょう。特に坪単価が高い都心部では測量は必須です。
もし坪単価が50万円の土地を有していた場合、1坪の誤差があれば50万円もの違いが生じます。
坪単価の高い土地は測量をしていないと、売るほうにしても買うほうにしてもリスクが高くなりますので、売買前に測量をしっかり行っておくようにしましょう。
もし測量を行わないまま売買契約を行ってしまった場合、後になって土地面積が契約した内容より大きかったことが分かっても、買主に対して差異分の金額を請求することはできません。
また、その逆のことが起きることも考えられます。土地を売った後に売買契約内容より土地面積が小さいことが分かった場合、買主からクレームが入ることもあるでしょう。
場合によっては裁判にまで発展することもありますので、せっかく土地を売却できたとしてもさらに裁判費用がかかり、相場よりも売却費用が下がってしまうこともあります。
測量をせずに売買契約を行うと、後からいろいろな問題が起きることもありますので、必ず測量を行ってから売買を行うようにしましょう。

境界杭が破損したときも測量が必要

確定測量図があれば土地売買が行えますが、図面があっても測量を行わなくてはならないケースもあります。
境界にフェンスや堀を設けてない場合、確定測量後に境界が変わっていることもありますので、再度測量が必要です。
境界杭を打っていても、何らかの事情で破損している場合も再度測量しなくてはなりません。境界杭は視覚的に土地の範囲を教えてくれる重要なものなので、破損した場合は測量しなおし、再度打ち直すようにしましょう。

測量が必要になったときは山陽測器へ相談を

土地売買などで測量を相談される測量会社も多いですが、状況ごとに測量機器をそろえていると高額なコストがかかってしまいます。
また、測量は最新の機器を利用するのが理想的ですが、常に新しい測量機器を用意できる会社も少ないのではないでしょうか。
山陽測器は測量機器を専門と扱う会社で、測量機器や測定機器の販売を行っています。また、測量機器のレンタルや中古販売なども行っているため、必要なときに必要な分だけ山陽測器よりレンタルすることも可能です。
最新のシステムを利用して測量を行いたい場合は、一度山陽測器に相談してみてはいかがでしょう。

測量の流れを把握しよう

Written on   By   in 未分類

測量会社に依頼したときの流れとは

土地の測量をする場合、一体どのような流れになるのか把握していないと、必要になる書類や登記が終わるまでどの程度の時間がかかるかが分かりません。
測量を行う場合、まず土地家屋調査士事務所や測量会社へ依頼をします。土地家屋調査士事務所や測量会社に依頼した場合、測量が完了するまで約3カ月から4カ月の期間が必要です。
法務局で公図や登記簿謄本、地積測量図や旧図などの資料を集め、調査を行います。役所からは近隣土地の官民境界実施の有無の確認や、区画整理確定図などを集め、調査を行います。
隣地所有者や行政担当者など、関係者に連絡を行います。測量を行うことと併せて、立ち合いの承認を得られるよう話をします。
法務局や役所で集めた資料をもとに、仮測量を行います。事務所で測量データを解析し、測量図を作成します。この時点で作成された図面が現況測量図です。

境界杭の設置と図面の作成

木やプラスチックなどの仮杭を設置し、隣地所有者との境界立ち会いのもと、境界を画定させます。
役所の土木管理課や道路管理課、水路管理課と道路と水路の境界立ち合いを行います。問題がなければ確定杭や分筆杭を埋没させます。
隣地所有者と境界確認書を作成し、お互いに捺印署名を行います。境界確認書がなければ確定測量図を作成することができません。境界確認書は隣地所有者と1通ずつ所有します。
他に地積測量図や現地調査書、委任状を作成し、法務局に登記申請を行います。1週間前後ほどで登記は完了します。
測量を依頼する場合、自分で調べて測量会社に依頼することも可能ですが、不動産会社に相談してみると、測量会社を紹介してもらえることもあります。

測量機器のプロフェッショナル・山陽測器

山陽測器は測量機器を専門に取り扱う会社で、西日本地域を中心に、全国へ測量機器を販売しています。
山陽測器ではさまざまなメーカーの測量機器や測定機器を取り扱っているため、定番商品から最新の商品まで状況に合わせた測量機器を探すことが可能です。
山陽測器は販売だけでなく修理や校正も行っています。どのような機器の修理にも対応できるよう、修理のための専用設備やスタッフも用意しているのだそうです。
他にも測量機器や測定機器の保管業務を行っているとのこと。大手企業などの実績もあるようなので、その品質の高さが伺えます。使用した測量機器は専門の認定検査員が隅々まで点検し、調整を行ってくれるのだそうです。。
また、認定検査員が点検・調整した中古の測定機器も販売しています。購入した商品は3カ月後まで保証がついているため、安心して利用することができます。